さとうしきリンパケアとは




「さとう式リンパケア」とは「揉まない、押さない、引っ張らない」と他にはない、体中の体液循環を良くしていき身体の機能をより良くしていく健康美容法です。

基本となる考え方は3つ。

1.筋肉をゆるめる
一般的に筋肉は鍛えるのが良いと考えられやすいですが、私たちは筋肉を鍛えるのではなく、緩めることにより筋肉に本来備わっている柔軟性や収縮性、ボリュームをアップさせ、筋肉のポンプ機能を向上させることが大切だと考えています。
さとう式では、血管から染み出て細胞間を浸している体液を重要視していて、その体液は筋肉が収縮、拡張のポンプ作用によって流れています。筋肉がガチガチに固まりポンプ作用が働かなくなると、酸素や栄養素は細胞に届かず、老廃物や二酸化炭素が留まってしまいます。こうなってしまうと、肌荒れやむくみなど様々な症状があらわれてしまいます。
さとう式では、ガチガチに固まった筋肉に極めて弱い力で触れる、揺らす、呼吸をするといった方法で筋肉を緩めていきます。

2.支持筋は屈筋
関節を曲げたときに縮む筋肉が屈筋で、反対に伸びる筋肉が伸筋です。筋肉をゆるめるアプローチは屈筋を狙って緩めていきます。支持筋である屈筋を緩めることにより全身の筋肉も緩んでいきます。

3.身体は腔でできている
身体の胴体には、心臓や肺・肝臓・腸などの内臓を入れる空洞があります。
この空洞が「腔」のことです。筋肉をゆるめて「腔」が広がれば、中にある内臓の循環は改善され本来の動きを取り戻します。例えば小腸では腸管膜で神経伝達物質であるセロトニンが造られるので精神面にも良い影響を与えると考えられます。

詳しく知りたい方は当店の無料体験セミナーなどでお伝えします。
また、こちらがさとう式リンパケアの公式HPです